本田圭佑氏のメキシコ・パチューカの治安は大丈夫か!本田圭佑初ゴーーール!

サッカー日本代表FW本田圭佑氏(31歳)がメキシコのCFパチューカに移籍しました。

ミランでは出場機会をあまり得られなかった本田氏ですが、新天地CFパチューカでの活躍は前提として、クラブW杯でも是非勇姿を見たいですね。

 

そんな期待がある一方で、メキシコというだけで恐ロシアならぬ恐メキシコなイメージがどうしても先行してしまいます。

実際のメキシコ・パチューカの治安はどうなのか、調べてみました!

 

スポンサーリンク

メキシコとパチューカの現在の治安は!?

メキシコとパチューカの現在の治安は!?
出典:外務省 海外安全ホームページ(2017/07/21の状況)

メキシコ合衆国首都の右上にイダルゴ州の州都パチューカがあります。日本外務省の危険情報マップには首都メキシコシティとイダルゴ州パチューカ両方共に警告は出ていません。

チアパス州にイダルゴ市がありますが、もちろんイダルゴ州とは関係がありません。(チアパス州イダルゴ市にレベル1危険情報あり)

 

しかし危険エリアに指定されていなくても、観光客にとってはまずメキシコ・シティ国際空港が第一関門になります。

空港で流しのタクシーを使うと人気のない所へ連れて行かれ、武装した人達とご対面することになります。メキシコでは銃は免許制なのでよく普及しています。

 

また空港では強盗・窃盗被害が多発しています。足元に荷物を置いた一瞬のスキを突いていきます。

メキシコの首都とその周辺都市で多く発生しているのが短時間誘拐です。キャッチANDリリースされます。

 

これは武装グループが被害者の車が止まった瞬間に襲い、キャッシュカードなどで現金を降ろさせます。ちゃんと払えば生きて帰れます。

というわけで、首都とその周辺都市であるパチューカも安全とはいえません。メキシコ全土で犯罪が多発していますので、それと比べると相対的にはマシな方というだけです。

 

ちなみに日本人のメキシコへの旅行者数は2016年は13万2976人でした。帰ってこれなかった人はひとりもいない(多分)ので、おそらくきっと旅行しても大丈夫です。

 

危険度レベル2のアカプルコ!

危険度レベル2のアカプルコ
© Google

ピンが立ってる場所はイダルゴ州パチューカです。

かつてリゾート都市として栄えていたアカプルコは今や世界トップクラスの犯罪都市になりました。このアカプルコは首都に隣接し、パチューカとは400kmは離れていません。

 

外務省からも渡航を止めるようにとの情報が出ています。最新の注意喚起ではパチューカの東に位置するベラクルス州に治安悪化の注意喚起が出ています。

首都周辺の治安は悪化傾向にあるように思えます。

 

本田圭佑氏の妻と子はどうする!?

仮にボディーガードを付けても武装集団には効果がないので、妻と子をメキシコに連れてくるのはハイリスクだと思います。

それにCFパチューカとの契約は1年間ですし先行きが不透明なのもネガティブな要素です。さらに言語がスペイン語。育児に忙しい中また新しい言語は大変そうです。

スポンサーリンク

メキシコのイダルゴ州パチューカはどんなところか!


首都メキシコシティにほど近いパチューカは標高約2,400mという高地に位置します。富士山でいうところの六合目くらいですから普通に高山病にかかります。

心肺機能の高い本田氏でも心臓がドキドキすると言っていましたから、高山病を乗り越えてサッカーに耐えられるまでには時間がかかりそうです。

非番の在日米海兵隊が富士登山中に緊急事態発生!高山病対策!
日本ではちょっと報道できない類の救助活動がネット上でだけ話題になっています。 本来なら在日米海兵隊の美談を語るだなんて、特定アジアが許してくれません。 では、救助活動の件を簡単に説明しましてから、高山病の何たるかをご紹介...

 

パチューカの観光の名所!

Reloj Monumental(レロイ・モヌメンタル)
photo byIsrael Aguilar

独立広場にあるReloj Monumental(レロイ・モヌメンタル)は美しい時計台です。1910年に建造されました。高さは40mあります。

時計台には4人の女性の彫像が刻まれており、それぞれは独立・自由・憲法・改革を表しています。

 

CFパチューカの本拠地スタジアム・Estadio Hidalgo(エスタディオ・イダルゴ)も観光名所の一つです。収容人数は3万人です。

 

CFパチューカとは!

CFパチューカが属するメキシコ1部リーガMXは北米最強リーグと言われています。その中でもCFパチューカは最古の伝統あるクラブです。

10年前はタイトルをよく取っていましたが、ここ最近ではCONCACAFチャンピオンズリーグ(2016-17)くらいしか取れていません。

 

しかも前期は17試合で16得点しか取れていないという低調ぶりです。なので今オフは攻撃陣が刷新されました。

チリ代表のFWエドソン・プッチ、チリ代表アンジェロ・サガロCF、コロンビア代表MFエドウィン・カルドナ、日本代表FW本田圭佑を確保となりました。

 

この4人で高地順応しているのはメキシコ1部から引き抜いたFWエドソン・プッチとレンタルのMFエドウィン・カルドナあたりでしょうか。

7月23日の開幕戦は本田氏の欠場が決まっています。まだ高地順応が出来ていないというクラブの判断ですが、気が急いてしまいますね。その次は7月29日か8月5日です。

 

本田圭佑がデビュー、初ベンチ、初出場、初ゴール!

8月22日にホームでリーグ戦第6節が行われ本田圭佑が初出場しました。対戦相手はベラクルスです。

本田圭佑は高地順応や肉離れでこれまで試合に出れませんでしたが、本日ようやく初ベンチ入り初出場しました。

 

そしてパチューカが3-0でリードしている中で、後半12分に本田圭佑がついに途中出場しました。

本田圭佑のポジションはトップ下で、コーナーキックからヘディングで合わせたり積極的にチャンスを作りました。

 

後半27分には本田圭佑は中央で受けたパスをドリブルで上がりながらのミドルシュート!これが初ゴールとなりパチューカは4-1で勝利しました。

本田圭佑、流石ですね!代表戦のオーストラリアに呼ばれるかな!?

 

 

まとめ

本田氏はもう31歳なのですね。キャリア的にはそろそろ最後の締めくくりになりそうなお年頃です。

でもまだ来年のロシアワールドカップもありますし、まずはCFパチューカで存在感を示して、調子を上げていってほしいですね!

コメント