W杯アジアプレーオフ、オーストラリア対シリア戦を高みの見物・日程!

御存知の通り日本はロシアワールドカップ2018に出場が決定しています。6大会連続6度目のワールドカップはニワカ勢の私でも非常に楽しみです。

しかし日本が出場を決めた試合の対戦相手だったオーストラリアはどうやらまだ苦戦中のようです。現在オーストラリアはどうなっているのでしょうか!

スポンサーリンク

オーストラリアとイランのワールドカップ2018予選・アジアプレーオフ!

オーストラリアとイランのワールドカップ2018予選・アジアプレーオフ!
photo by Mathew F

まずアジア予選の順位を見てみましょう。各グループの1~2位がワールドカップ本大会へ進めます。惜しくも3位だったチームはまず『アジアプレーオフ』で勝利し、さらに『大陸間プレーオフ』でも勝利すれば本大会へ出場です!

グループAグループB
1位イラン日本
2韓国サウジアラビア
3シリアオーストラリア
4ウズベキスタンアラブ首長国連邦
5中国イラク
6カタールタイ

 

結構長い道のりです。アジアプレーオフでホーム・アンド・アウェーで合計2試合、大陸間プレーオフでも同じ方式で2試合します。

大陸間プレーオフの相手は北中米カリブ海予選4位のチームですが、確定するのは10月10~11日(時差的に)頃になると思います。

 

アジアプレーオフと大陸間プレーオフの日程

オーストラリア対シリアのアジアプレーオフ第1戦は2017年10月5日、第2戦は10月10日(日本時間18時開始)にあります。大陸間プレーオフは2017年11月10日と11月15日です。

 

10月5日って、もう終わってますね!結果はどうなったかといいますと、1-1の引き分けでした。オーストラリアが40分にロビー・クルーズのシュートで先制しました。

しかしオーストラリアは後半40分に疑惑のファールを犯しペナルティーキックを献上して失点しました。

 

ちなみにシリアは内戦中なので中立地のマレーシアで開催されました。第2戦はオーストラリアのホームです。

 

 

オーストラリアとイランの代表メンバー

ハイライトは第1戦のスターティングメンバーです。イエローカードは●で表示します。ティム・ケーヒル(37歳)は第1戦で出番はありませんでしたが次はどうでしょうか。

監督アンジェ・ポステコグルーアイマン・ハキーム
GKマシュー・ライアンイブラヒム・アルマ
ミチェル・ランゲラクマハムード・アルユーセフ
ダニー・ブコビッチアハマド・マダニア
DFミロス・デゲネクモアヤド・アジャン
ブレッド・スミスジハド・アルバウール
ジョシュ・リスドンアラー・アルサブリ
ベイリー・ライトハディ・アル・マスリ
アジズ・ベヒッチガブリエル・ソミ
トレント・セインズベリー
マシュー・ジュルマンアムロ・ジェニャト [MF]
マハムード・アルマワス
MFマーク・ミリガンオサマ・オマリ
アーロン・ムーイファード・ユーセフ
ジェームズ・トロイージユーセフ・カルファ
ムスタファ・アミニタメル・ハイ・モハマド
マッシモ・ルオンゴハミド・ミド
ジャクソン・アーバインザヘル・ミダニ
トム・ロギッチハリド・アルムバイド
クレイグ・グッドウィン
FWティム・ケーヒルオマル・ハルビン
マシュー・レッキーオマル・アルソマ
トミ・ユーリッチフィラス・アルハティブ
ロビー・クルーズマルディク・マルディキアン
二キータ・ルカビチャ

 

アジアプレーオフのテレビ放送

無いです!でもスポーツニュースで触れてもおかしくない話題ですよね?1分間くらいは映像が流れるのではないでしょうか。

ワールドカップ予選プレーオフで未だにもがいている両者を高みから見つつ、日本時間10月10日の18時頃はtwitterなどを監視でもしましょう。

 

日本としては中東の笛のないオーストラリアが勝ってくれたほうが有利・・・かな?

 

プレーオフ第2戦、オーストラリア対シリア戦!

前半6分にオマル・アルソマ(シリア)がゴール!

 

前半13分にティム・ケーヒル(豪州)がゴール!

 

試合は1-1で引き分けですが、第1試合も1-1だったので合計して2-2により延長戦に突入します。

94分目にマハムード・アルマワスが2枚めのイエローカードにより退場しました。

 

延長後半、またもやティム・ケーヒル!これで勝負があり、二試合合計3-2でオーストラリアがアジアプレーオフを制しました。次の相手は北中米カリブ海4位のチームとの大陸間プレーオフ(11月10日から)になります。

続報!北中米カリブ海4位のチームが決定!

2017年10月11日に予選最終節が行われ、最終的な順位が確定しました。

トリニダード・トバゴ

17分オウンゴール、37分アルビン

21アメリカ

47分プリシッチ

パナマ

53分G.トーレス、88分R.トーレス

21コスタリカ

36分ベネガス、

ホンジュラス

34分エリス、54分オウンゴール、60分キオト

32メキシコ

17分ペラルタ、39分ベラ

 

4位はホンジュラス!FIFA世界ランクは74位です。オーストラリアは50位です。オーストラリアは高齢のティム・ケーヒルを2戦連続で投入して勝ちに行くしかありませんね!

順位チーム勝点得失
試合
1メキシコ21631910
2コスタリカ16442610
3パナマ13443-110
4ホンジュラス13343-610
5USA12334410
6トリニダード・トバゴ6208-1210

 

 

大陸間プレーオフ、オーストラリア対ホンジュラス戦!

ホーム・アンド・アウェーの第1戦は11月10日16時(日本時間11月11日7時)にホンジュラス側で、第2戦は11月15日20時にオーストラリア側で開催されます。リンクはFIFAのレポートです。

時差はホンジュラスに対して日本は15時間先に進んでいます。オーストラリアは日本より2時間先に進んでいます。

 

オーストラリアは主神ティム・ケーヒルが先日足を負傷し、プレーオフに出場出来るかは直前まで判断を保留するそうです。

 

第1戦・11/10・ホンジュラスホーム!

スコアレスドローでした。負傷しているティム・ケーヒルはベンチで出番はありませんでした。

 

第2戦・11/15・オーストラリアホーム!

オーストラリアが3対1でホンジュラスに勝利!ワールドカップへの出場が決まりました!

ティム・ケーヒルは65分頃までプレーしましたが得点ならず。その代わりミル・ジェディナクがPK2点を含むハットトリックでオーストラリアに勝利をもたらしました。

 

1点目はDFに当ってコースが変わるというラッキーシュート。

 

2点目に続いて3点目もPK。若干オーストラリアに有利なジャッジな気がしました。

 

オーストラリアがロシアワールドカップ2018に出場決定!!!

 

コメント