FIFAワールドカップロシア大会2018の出場23チームが決定!

FIFAワールドカップロシア大会2018の予選が続々と終了してきています。本大会に出場出来るのは予選208チーム中31チームと開催国ロシアを合わせた合計32チームです。

10月10日の最終予選で多くの地域で予選が終了し、現在23チームの本戦出場が決定しています!

スポンサーリンク

FIFAワールドカップロシア大会2018、まず出場23チーム決定!

FIFAワールドカップロシア大会2018、まず出場23チーム決定!
photo by Peter Collins

欧州サッカー連盟(UEFA)

欧州地域は52チームが参加し9組に別れて総当りで対戦し、各組1位が本大会へ出場します。各組2位の上位8チームはプレーオフに周り、4組に分けてホーム・アンド・アウェー方式で勝者が本大会へ出場です。

プレーオフ第1戦は11月9日~11日、第2戦は11月12日~14日です。プレーオフはスウェーデン、スイス、北アイルランド、アイルランド、デンマーク、イタリア、ギリシャ、クロアチアが出場します。

F組2位のスロバキアは勝ち点で2位グループ最下位なので脱落です。

1開催国枠ロシア2大会連続11回目
2予選A組1位フランス6大会連続15回目
3予選B組1位ポルトガル5大会連続7回目
4予選C組1位ドイツ17大会連続19回目
5予選D組1位セルビア2大会ぶり12回目
6予選E組1位ポーランド3大会ぶり8回目
7予選F組1位イングランド6大会連続15回目
8予選G組1位スペイン11大会連続15回目
9予選H組1位ベルギー2大会連続13回目
10予選I組1位アイスランド初出場
11プレーオフ
12プレーオフ
13プレーオフ
14プレーオフ

 

アジアサッカー連盟(AFC)

46チームが参加し1次予選・2次予選(40チーム)・3次予選(12チーム)を経て、各組2位までに本大会出場権が与えられます。

4次予選(アジア地区プレーオフ)は各組3位のチーム(オーストラリア・シリア)がホーム・アンド・アウェーで対戦し、さらに大陸間プレーオフでも戦わなければなりません。

1予選A組1位イラン2大会連続5回目
2予選A組2位韓国9大会連続10回目
3予選B組1位日本6大会連続6回目
4予選B組2位サウジアラビア3大会ぶり5回目
(プレーオフ)

4次予選の結果はオーストラリアがシリアを接戦で下して大陸間プレーオフに進みました。次の相手は北中米カリブ海・5次予選4位のホンジュラスです。第1戦は2017年11月6日、第2戦は2017年11月14日です。

 

北中米カリブ海サッカー連盟(CONCACAF)

35チームが参加し1次予選から5次予選まで行われ、 5次予選の上位3チームが本大会へ出場します。5次予選の4位(ホンジュラス)は大陸間プレーオフに進出し、ホーム・アンド・アウェーで勝てば本大会へ出場です。

ホンジュラスの対戦相手はオーストラリアです。

1予選1位メキシコ7大会連続16回目
2予選2位コスタリカ2大会連続5回目
3予選3位パナマ初出場
(プレーオフ)

 

南米サッカー連盟(CONMEBOL)

南米は僅か10ヶ国なので2年間かけて総当りを行います。上位4チームは本大会へ出場し、5位のチーム(ペルー)は大陸間プレーオフへ出場します。

対戦相手はオセアニア予選1位のニュージーランドです。第1戦は2017年11月6日、第2戦は2017年11月14日です。

1予選1位ブラジル21大会連続21回目
2予選2位ウルグアイ3大会連続13回目
3予選3位アルゼンチン12大会連続17回目
4予選4位コロンビア2大会連続6回目
(プレーオフ)

 

オセアニアサッカー連盟(OFC)

10チームが参加し1予選から3次予選を経て代表決定戦をしても、大陸間プレーオフへの出場権が得られるだけという厳しい地域です。

ちなみに代表決定戦はニュージーランドとソロモン諸島で、2試合合計点8-3でニュージーランドが勝ちました。

大陸間プレーオフは南米予選5位のペルーとです。

(プレーオフ)(ニュージーランド)

 

アフリカサッカー連盟(CAF)

53のチームが参加し1次予選から3次予選を経て各組1位が本大会へ出場出来ます。プレーオフはありません。

予選最終節は11月10日~14日に予定されています。グループDの南アフリカ対セネガルは誤審により再試合(11月10日)が行われます。その時の主審は永久追放処分になりました。

1予選A組1位
2予選B組1位ナイジェリア3大会連続6回目
3予選C組1位
4予選D組1位
5予選E組1位エジプト7大会ぶり3回目

 

コメント