緒方良行がワールドゲームズ・ボルダリングで金メダル!

2017年7月20日からポーランド・ウロツワフで第10回ワールドゲームズが行われました。

東京オリンピックで正式種目に追加されたスポーツクライミングのボルダリングにおいて、男子は緒方良行が金メダルに輝きました。

げーむ?ワールドゲームズとは何なのか、優勝した緒方良行とは何者なのか、解説致します!

スポンサーリンク

ワールドゲームズとは!

ワールドゲームズとは!
photo by Neil Cowburn

ピコピコゲームやeゲームとは全く関係がなく、夏季オリンピックの翌年に開かれ、オリンピックで採用されていない競技種目が行われる大会です。

ワールドゲームズからオリンピックに採用された競技には、トライアスロンやバドミントン・サーフィン等があります。

そしてワールドゲームズではスポーツクライミングも行われています。五輪に正式採用されましたのでもしかすると今回で最後かも?

ワールドゲームズは2001年8月16~26日に日本の秋田県でも開催されたことがあります。マスコットはもちろんナマハゲです。

山の岩場を登る命がけのフリークライミングがここ20年ほどで進化しました。 より安全に手軽で競技性のあるスポーツへ、それがスポーツクライ...

ボルダリングで日本代表・緒方良行が金メダル!

まずワールドゲームズの直前に開かれていた6月のクライミングワールドカップで緒方良行は3位に入賞していました。

そして7月始めシンガポールでのクライミング・アジアユース(リード)でも3位と健闘していました。

好調を維持したまま迎えたのが今回の第10回ワールドゲームズだったのです。

ボルダリングは命綱無しで5m以下の人口壁を登り、複数の課題をクリアして完登数を競い合います。

決勝の課題は4つあり、緒方良行は決勝メンバーが6人いる中でただ一人だけ全ての課題を完登しました。文句なしの完全優勝です!

ツイッターで喜びを表現しています↓。ワールドカップの最終戦ミュンヘンは、日程2017年8月18~19日です!

日本代表・緒方良行は何者か!?

ジーニアス緒方良行(おがたよしゆき)は1998年2月4日生まれ、2017年7月現在で19歳になります。出身は福岡県久留米市です。身長171cm、体重55kg。

緒方良行は10歳の頃にテレビのSASUKEに魅了されスポーツクライミングに興味を持ちました。そして小学校5年生になってからは本格的にジムに通うことになります。

久留米市立屏水中学校に進学し、中学3年生から4年連続で国体に出場、リードとボルダリングで個人トップの成績を残しています。

福岡県立明善高等学校(偏差値68)へ進学、クライミングの部活はありませんでした。放課後になったら毎日ジム通いです。

練習法は指導者がいないため独学で、重しをつけて壁を登ったり指一本でぶら下がったりと、まるでドラゴンボールの修行のようです。

そして高校3年の2015年にイタリア・世界ユース選手権・ボルダリング部門で緒方良行は初優勝しました。

2016年に神奈川大学人間科学部へ進学し、同年ワールドカップ米国大会で4位、アジア選手権で優勝しました。ちなみにユースは2017年が最後の年です。

まともな動画が見つからないので本人がツイッターに上げていたものを貼ります↓。古い動画ならあります。

まとめ

優勝したから安泰かといえばそんなことはなく、選手層の厚いボルダリングは大会ごとにヒーローが代わっていく厳しい世界です。

それに東京オリンピックまであと3年もありますので、その間にユース世代がのし上がってくるかもしれません。

スポンサーリンク

フォローする