引退ウサイン・ボルトがJリーグサッカーでプレーする可能性は!?

世界最速の短距離走者、レジェンド・ウサイン・ボルトが100mと200mの世界記録を保持したまま、無敵のまま、ロンドン世界陸上2017を最後に引退します。

まだ30歳だから現役を続けられそうなものですが、ウサイン・ボルトの今季の最高タイムは9秒95です。やはり衰えは隠せないというところでしょうか。

 

そんなウサイン・ボルトでもまだ老け込むには早すぎます。彼が次に選ぶスポーツは、サッカーが最有力です!

では、ウサイン・ボルトを取り巻くサッカー事情をまとめましたので御覧ください!

スポンサーリンク

ウサイン・ボルトはJリーグサッカーで活躍できる!(かもしれない)

ウサイン・ボルトのレジェンド級実績!

ウサイン・ボルトは22歳の時に北京オリンピック2008に出場し、100m・200m・400mリレーで金メダルを獲りました。

そして26歳の時にロンドンオリンピック2012で、100m・200m・400mリレーで金メダル。

 

 

さらに30歳の時にリオオリンピック2016で、100m・200m・400mリレーで金メダルを獲るというまさにレジェンドに相応しい活躍をしました。

他にも世界陸上で毎回金メダルを獲っています。2009~2015年までに11個もの金メダルです。2017年の世界陸上でも金を予定です。

ウサイン・ボルトとサッカーの接点!

子供の頃はサッカーが大好きで、陸上を始めてからも度々引退後はサッカー選手になるんだと言っていました。

金メダリストになったばかりの24歳の頃にもラジオ番組で、サッカー選手になりたいと重ねて宣言していました。

 

そんなサッカー好きが講じてマンチェスター・ユナイテッドの練習場で選手と交流することもありました。

ウサイン・ボルトは最初にドルトムントへ行く!

ウサイン・ボルトへのオファーは12ものクラブから出ているようです。それでも最初に行くクラブはドルトムントです。

というのは、ウサイン・ボルトのスパイクはプーマ製でスポンサーでもあります。そのプーマのCEOはドルトムントの理事でもあるのです。

 

だからウサイン・ボルトは大人の筋を通してドルトムントの練習に参加する予定です。

とはいえ、ウサイン・ボルトが練習を積んだとしてもブンデスリーガなどの一流どころでプレーできるのかは懐疑的です。もしかすると3部リーグになるのではとも言われています。

 

でもちょっと待って欲しいです。3部リーグでプレーするくらいなら日本のJリーグの方が良いんじゃないでしょうか!?

ウサイン・ボルトをJリーグ・1部に連れてきたい!

ウサイン・ボルトをJリーグ・1部に連れてきたい!
photo byThor Matthiasson

Jリーグは残念ながら世界的に見て一流とはいえないですが、そんなレベルだからこそレジェンド・ウサイン・ボルトが活躍できる可能性があります。

ウサイン・ボルトがサイドをドリブルで上がってクロスボールを蹴ってフォワードが押し込む、これなら出来そうかも?

 

あるいはウサイン・ボルトも驚きのキーパーへ転向とか?逆を突かれても瞬発力で横っ飛び・・・は無理ですか。

身長が196cmもあるので脚力も合わせてヘディングにチャンスがあるかもしれません。

 

商業的にもユニフォームがきっと飛ぶように売れますしスタジアムにも人が集まりますし、ウサイン・ボルトの価値はとても高いに違いありません。

Jリーグの中なら、三木谷浩史がヴィッセル神戸にウサイン・ボルトを呼ぶのはアリじゃないでしょうか。私財の封印を是非解いて下さい。

 

ライトニングボルトをJリーグで見ようじゃないですか!それと、もしよかったら日本男子短距離の練習場に顔を出してやって下さい。

 

 

まとめ

ウサイン・ボルトがヴィッセル神戸に来たらきっと楽天の売上も上がるだろうなぁ(チラッ

三木谷浩史も男前になるだろうなぁ(チラッ

コメント