皮下脂肪の効果的な落とし方は生活習慣の見直しが大切!

ヘソの下あたりの贅肉が洋ナシのようにどっぷりとしていてつまめるのが皮下脂肪型肥満です。

体のラインを美しくするためには皮下脂肪を落とさなくてはいけません!

男性に多い内臓脂肪の減らし方も必要な方はどうぞ。

スポンサーリンク

皮下脂肪とは

皮下脂肪は特に女性に多く、お腹の赤ちゃんを衝撃や低温から守るために皮下脂肪はつきやすくなっています。

皮下脂肪の増加は女性ホルモンにより促されるので、内臓脂肪とは違って皮下脂肪は健康を害することがほとんどありません。

しかし皮下脂肪を落とすとなると、まずは内臓脂肪を落としてからでないと皮下脂肪は落とせません。

そもそも皮下脂肪は落ちにくい脂肪です。内臓脂肪を落とすという回り道もありますから、腰を据えて根気よく落としていきましょう。

生活習慣をチェック

仮に運動をして一時的に痩せても、生活習慣を改めないとまたリバウンドをします。

これまでの生活習慣を変えるというのはとても大変なことですが、少しずつでも改善していきましょう。

満腹メシ大好き

fresh-food

腹八分目どころか満腹もう食べられない~という自分一押しの定番メニューをよく食べる人、いけませんね!

また、ファストフードをはじめ丼物・麺類・カツカレーなどもとても太りやすい食事です。

あと小腹が空いたらすぐ満たす癖は直さないといけません。しばらく空腹を我慢すれば落ち着きますよ。

もし飲みに誘われたらダイエット中だと正直に言ってお断りしましょう。

ダボダボの服を着る

woman-choosing

体のラインを隠せる大きめの服や、ベルトがなくても大丈夫なゴム紐型パンツで他人の目から隠してはいけません。

さらに毎日鏡の前で裸になり、自分が太っているのかを確認しましょう。危機意識が大切なのです。

しっかり目標を決めてダイエットを実行に移せるようにしましょう。将来もっと太らないよう、行動するなら今です!

運動の習慣がない

最初から30分の運動だと意気込むと疲れて失敗します。最初はもっとゆる~く生活に取り入れましょう。

休日はショッピングに出かけて歩きまわりましょう。目指せ1万歩です。

外食するならメニューに書いてあるカロリー表示はチェックしましょう。

4時間しか寝ていない

睡眠不足になると過食になりやすいです。適正な睡眠時間は7~8時間なのでしっかり睡眠時間を確保しましょう。

夕食は19時までに食べるのが理想で遅くとも20時までには食べておきたいです。それ以降は太る時間帯です。

残業確定なら夕刻におにぎりやサンドイッチを食べて、その後におかずを食べるような分食がおすすめです。

スポンサーリンク

適正カロリーはいくつ?

標準体重kg=身長m×身長m×22

身長155cmなら、1.55×1.55×22=標準体重52.8kg
身長160cmなら、1.6×1.6×22=標準体重56.3kg
身長170cmなら、1.7×1.7×22=標準体重63.6kg

1日の摂取カロリーkcal=標準体重kg×25~30

標準体重52.8kgなら、52.8×25~30=1320~1584kcal
標準体重56.3kgなら、56.3×25~30=1407~1689kcal
標準体重63.6kgなら、63.6×25~30=1590~1908kcal

皮下脂肪を落とすための有酸素運動

girl-with-red-shoes

皮下脂肪を落とすには長い時間がかかりますので、3ヶ月は続けられる運動がいいです。

ベストなのはシューズさえあれば始められるジョギングです。疲れたら歩きまた走り出すでかまいません。ゆっくり長く走るのが今流行っています。

ジョギングはちょっと・・という人は早歩きのウォーキングはどうでしょう。通勤時ならひと駅歩くのもいいですね。

足腰が痛い人は水泳で泳ぐのはどうでしょうか。プールを歩いたりするのもいいです。

他には膝に優しい自転車や、自宅でテレビを見ながら出来る踏み台昇降もありです。ウォーキングより踏み台昇降のほうがカロリー消費が多いです。

運動を続けるコツ

高らかに宣言する

man-with-open-arms

ダイエットを隠してひっそりと有酸素運動を始めると80%の確率で挫折します。

家族や友人や同僚やSNSでみんなに運動を始めたことを知ってもらえば、孤独な闘いではなくなるのです。きっとみんなが応援してくれます。

数カ月後に体重が減ったなどの成果が出たら、みんなに発表して褒めてもらいましょう。そうすればやる気がみなぎって来ます。

続けられている、それでよし!

体重計で毎日の成果を確認するのもいいですが、そんなにすぐ成果を求めないで下さい。

毎日続けていることで徐々に体脂肪を燃やす体に変化していっています。

それともし走る目標が30分だったとして、今からでは15分しか時間がないから今日はやめておこう、とはしないで下さい。

15分なら15分でいいんです!毎日の目標に足らなかったとしても、少しでも運動した、その事実でオッケイです!前進してます!

あと裏技として活動量計という時計のようなものを身につけると、消費カロリーが1割上がることもあるそうです。

活動量計は脈拍・歩数・カロリー推定などが分かるもので、付けることで運動を意識するので少し頑張ってしまうのでしょうね。

5千円以下の活動量計スマートブレスレットをまとめてみました。

ダイエットのお供として歩行数や移動距離・消費カロリーが測定できるとやる気が出てきますよね。 さらに心拍数も計れれば運動強度の増減の目安にな...

まとめ

女性を悩ます皮下脂肪を落とすのは大変です。

長期的な積み重ねが欠かせませんので、諦めずにコツコツといきましょう!

スポンサーリンク

フォローする