女子バレーボール日本代表がアジア選手権で10年ぶりの優勝!速報

フィリピンのマニラで8月9日から開催されていた第19回アジア女子選手権大会で、全日本女子チーム・火の鳥NIPPONがタイに勝って優勝しました。

日本は今大会準決勝で世界ランキング1位の中国を破っての価値ある優勝です!

では、女子バレー日本代表の戦いを振り返ってみましょう!

スポンサーリンク

全日本女子チーム・火の鳥NIPPONのメンバー14名!

全日本女子チーム・火の鳥NIPPONのメンバー14名!
出典:日本バレーボール協会 全日本メンバー

全日本に33歳の荒木絵里香が復帰しました。荒木絵里香は娘に東京五輪に出場するママの姿を見せたいとのことです。

背番号1の井上琴絵は大会前に、持ち味の瞬発力でレシーブやつなぎのプレーでアピールしたいと言っていました。

背番号8の野本梨佳は、世界と勝負できる技術を磨いてチームに貢献したいとのことです。

過去のアジア女子選手権大会の結果!

過去のアジア女子選手権大会の結果!

アジアバレーボール選手権は2年ごとに行われており、各国のナショナルチームが戦う国際大会です。

日本女子は2007年に優勝してからは、順に3位、2位、2位、6位、と来て2017年に10年ぶりに優勝することになります。

優勝回数では中国の13回に次ぐ多さ・・・の日本は4回です。流石は世界ランキング1位の中国ですね。圧倒される実績です。

1次リーグB組初戦、全日本女子バレー VS オーストラリア!

14チームが4組に別れて、各組の上位2チームが勝ち進みます。A組(香港、カザフスタン、フィリピン)、B組(日本、豪州、中国)、C組(韓国、ニュージーランド、スリランカ、ベトナム)、D組(台湾、イラン、モルディブ、タイ)。

セットカウント 第1セット 第2セット 第3セット 第4セット 第5セット
日本 3 25 25 25
オーストラリア 0 19 14 8

日本のスタメンは、8:野本梨佳(W)、16:石井里沙(W)、3:岩坂名奈(M)、5:荒木絵里香(M)、12:佐藤美弥(S)、18:内瀬戸真実(W)、20:小幡真子(L)。

第1セットは野本梨佳のスパイクが三連続で決まって主導権を握り、19-9で豪州がタイムアウト。そこから日本が乱れて25-19でなんとか先取しました。

第2セットは内瀬戸真実のサービスエースでリードするも豪州が追いすがり12-10。そこから日本が主導権を握り、ピンチサーバーの島村春世が4連続ポイントで25-14の連取となりました。

第3セットは荒木絵里香のサーブ時に連続ポイントでリードを広げ、25-8のセットカウント3-0でストレート勝利でした。

1次リーグB組2試合目、全日本女子バレー VS 中国!

セットカウント 第1セット 第2セット 第3セット 第4セット 第5セット
日本 3 25 25 26
中国 0 14 17 24

日本のスタメンは、8:野本梨佳(W)、4:新鍋理沙(W)、3:岩坂名奈(M)、5:荒木絵里香(M)、10:冨永こよみ(S)、2:古賀紗理那(W)、20:小幡真子(L)。

第1セットは日本が連続ポイントを挙げて15-7とし、中国の追い上げがありながらも25-14で先取しました。

第2セットはサービスエースやラリーをものにし、荒木絵里香のサービスエースで11-6にしました。終盤にピンチサーバーとして島村春世や鍋谷友理枝が入り、25-17で連取しました。

第3セットは序盤から最後まで日本がビハインドの状態で進み、岩坂名奈のブロックでようやくデュースに突入しました。最後は新鍋理沙がスパイクを決めて26-24で逆転勝ちしました。

これで1次リーグは1位日本(2勝0敗)、2位中国(1勝1敗)、3位豪州(0勝2敗)で豪州だけが敗退することになりました。

順位決定予備選、全日本女子バレー VS 台湾!

セットカウント 第1セット 第2セット 第3セット 第4セット 第5セット
日本 3 25 25 25
台湾 0 19 16 20

日本のスタメンは、16:石井里沙(W)、3:岩坂名奈(M)、11:鍋谷友理枝(W)、8:野本梨佳(W)、9:島村春世、10:冨永こよみ(S)、1:井上琴絵(L)

第1セットは序盤に台湾が勢いに乗るも、徐々に日本がペースを掴み、野本梨佳や鍋谷友理枝のスパイクも冴えて25-16で先取しました。

第2セットは台湾のサーブに押されつつも内瀬戸真実のレシーブで落ち着き、最後は台湾を突き放して25-16で獲りました。

第3セットは点を取ったら取られるのゲーム展開で日本のサービスエースなどで振り切り、25-20で勝ちました。

順位決定予備選、全日本女子バレー VS タイ!

セットカウント 第1セット 第2セット 第3セット 第4セット 第5セット
日本 3 22 25 25 26
タイ 1 25 20 22 24

日本のスタメンは、4:新鍋理沙(W)、5:荒木絵里香(M)、18:内瀬戸真実(W)、2:古賀紗理那(W)、13:奥村麻依(M)、12:佐藤美弥(S)、1:井上琴絵(L)。

第1セットは世界ランキング16位のタイが多彩な攻撃で日本を追い詰め、中盤で13-17になりました。終盤は奥村麻依が反撃をするも及ばず、22-25で日本は今大会で初めてセットを落としました。

第2セットはペースを掴めず12-12で日本はたまらずタイムアウト。古賀紗理那のスパイクが随所で決まり最後は25-20で奪取しました。

第3セットは僅かに日本が主導権を握り19-15で押し気味になるも、体育館が停電する自体が発生し一時中断しました。再開してタイの猛攻で追いつかれるも、タイのサーブミスで25-22で連取しました。

第4セットは古賀紗理那のスパイクで流れに乗り、18-13とリードを奪うも再びタイの猛追にあい一時は逆転されました。最後は古賀紗理那が決めつつタイのミスが続いて26-24で勝ちました。

スポンサーリンク

準々決勝、全日本女子バレー VS ベトナム!

セットカウント 第1セット 第2セット 第3セット 第4セット 第5セット
日本 3 25 25 25
ベトナム 0 22 21 16

日本のスタメンは、16:石井里沙(W)、3:岩坂名奈(M)、2:古賀紗理那(W)、8:野本梨佳(W)、9:島村春世(M)、10:冨永こよみ(S)、20:小幡真子(L)。

第1セットは中盤までは日本ペースで進むも、15-10から一気に失点してシーソーゲームになりました。最後は内瀬戸真実のサーブで25-22として辛くも獲りました。

第2セットは序盤から日本のミスが目立ちベトナム優位で進行し、中盤になってから日本の多彩な攻撃で追いつき、冨永こよみの2連続サービスエースなどを経て25-21で連取しました。

第3セットは始終日本のペースで進み、野本梨佳のスパイクや冨永こよみのツーアタックで相手を突き放し、25-16でストレート勝ちしました。

準決勝、全日本女子バレー VS 中国!

セットカウント 第1セット 第2セット 第3セット 第4セット 第5セット
日本 3 25 25 25
中国 0 17 18 18

日本のスタメンは、4:新鍋理沙(W)、3:岩坂名奈(M)、18:内瀬戸真実(W)、8:野本梨佳(W)、13:奥村麻依(M)、12:佐藤美弥(S)、1:井上琴絵(L)。

第1セットは序盤日本のペースになるも中国の多彩な攻撃で追いつかれ6-6。そこから奥村麻依の移動攻撃などで流れを引き寄せ、野本梨佳のバックアタックで25-17として先取しました。

第2セットは中盤まで双方激しく攻め合いつつも、奥村麻依と岩坂名奈のミドルブロッカーが冴え反撃開始。集中力を保った日本が25-18で連取しました。

第3セットは開始から中国ペースで進んで0-3、奥村麻依らのスパイクで8-7の逆転。日本の多彩な攻撃がハマり、中国のミスもあって25-18で日本が決勝に進出しました。

決勝、全日本女子バレー VS タイ!

セットカウント 第1セット 第2セット 第3セット 第4セット 第5セット
日本 3 26 20 25 25 15
タイ 2 28 25 16 16 7

日本のスタメンは、4:新鍋理沙(W)、3:岩坂名奈(M)、18:内瀬戸真実(W)、8:野本梨佳(W)、13:奥村麻依(M)、12:佐藤美弥(S)、1:井上琴絵(L)。

順位決定予備選で日本を3-1で苦しめたタイが決勝の相手です。

第1セットは序盤からの日本の猛攻で6-2と引き離したが、タイが一気呵成に7-8と逆転。野本梨佳らのスパイクで点を取るも、最後はタイのブロックで26-28で逆転負けしました。

第2セットはタイペースで進み、日本は全くリズムに乗れずに7-15と押される展開でした。終盤に鍋谷友理枝が入り、日本は最後まであがくも20-25で連取されてしまいました。

第3セットは日本のサービスエースとタイのミスもあり日本ペースで進んで18-13。終盤は日本の攻撃が噛み合い25-16でようやく1セットを獲りました。

第4セットはタイリードの流れから内瀬戸真実が奮闘し11-9で逆転。そこから日本が押せ押せになり16-9と一方的な戦いになりました。そのまま日本ペースで25-16で連取しました。

第5セットは勢いに乗る日本が攻め立て8-5。内瀬戸真実がスパイクを連続で決めて13-6と流れは完全に日本へ。最後は鍋谷友理枝の強烈なスパイクで15-7として、日本の大逆転勝利となりました。

日本が10年ぶりにアジア王者に返り咲きました!

中田久美監督はインタビューで、最後まで諦めずに頑張ってくれた、と言っていました。

まとめ

いやぁ、タイの強さに驚かされました。日本は中国に勝てたのになぜタイと互角なのか、素人の私にはよくわかりません。それはともかく、アジア選手権優勝おめでとうございます!

スポンサーリンク

フォローする