張本智和(日本国籍)が卓球ワールドツアーで僅か14歳で優勝速報!

中学2年生の張本智和(はりもと ともかず)が卓球チェコオープンで世界ランキング7位のティモ・ボルを破り初優勝しました。

僅か14歳と61日でのシングルス優勝は史上最年少の快挙になります。13歳で挑んだ6月の世界卓球でも史上最年少のベスト8入りで沸かせましたが、またもや張本智和はやってくれました!

では、ジーニアス張本智和の卓球チェコオープンを見ていきましょう!

スポンサーリンク
PC用レクタングル大

張本智和の卓球チェコオープン!

張本智和の卓球チェコオープン!
photo by Singapore 2010 Youth Olympic Games

8月22日から開催されていたチェコオープンはITTFワールドツアー(国際卓球連盟)のレギュラーイベントに位置します。なので上位の中国人選手は出場しません。賞金総額は10万ドルです。

張本智和は大会中は学校が夏休みだったので宿題を持ってきたそうです。早く負ければ宿題が捗り、勝てば気分がハイになって宿題を頑張れるという具合です。母親が文武両道を重視しているそうです。

張本智和がチェコオープン2017でシングルス優勝!

1回戦、張本智和 VS GERASSIMENKO Kirill!

GERASSIMENKO Kirill(カザフスタン・20歳・世界ランク約140位)は身長175cm、右利きです。リオ五輪2016に出場しました。キリル・ゲラシメンコ。

張本智和 4 11 1 13 12 11 4 11
GERASSIMENKO Kirill 3 8 11 11 14 8 11 7

張本智和(JOCエリートアカデミー・14歳・世界ランク20位)は格下のキリル・ゲラシメンコに苦しみつつもフルゲームで勝利しました。

2回戦、張本智和 VS 吉村真晴!

吉村真晴(名古屋ダイハツ・24歳・世界ランク23位)は身長177cm、右利きです。リオ五輪2016で男子団体銀メダルを獲りました。

吉村真晴は1回戦でHABESOHN Daniel(オーストリア・31歳・81位)に4-0のストレートで圧勝しての勝ち上がりです。

張本智和 4 11 11 5 11 7 11
吉村真晴 2 8 3 11 8 11 8

今大会初の日本人同士の戦いになりました。ゲームを取ったら取られるの応酬で戦いを最後に制したのは張本智和でした。

五輪銀メダリストを倒しての価値ある準々決勝進出になりました。

スポンサーリンク

準々決勝、張本智和 VS KARLSSON Kristian!

KARLSSON Kristian(スウェーデン・26歳・世界ランク29位)は身長183cm、左利きです。ヨーロッパ卓球選手権2016の銅メダリストです。クリスティアン・カールソン。

KARLSSON Kristianは2回戦でFLORE Tristan(フランス・22歳・57位)と対戦し、4-3のフルゲームで勝利しました。

張本智和 4 11 7 11 9 12 9 11
KARLSSON Kristian 3 9 11 4 11 10 11 6

準々決勝はお互いが交互にゲームを獲り、先手を取っていた張本智和が粘り勝って勝利しました。日本男子シングルスで上田仁が敗退したので、準決勝へは張本智和が唯一の進出です。

準決勝、張本智和 VS CALDERANO Hugo!

CALDERANO Hugo(ブラジル・21歳・世界ランク33位)は身長183cm、右利きです。リオ五輪2016に出場していました。ウーゴ・カルデラノ。

CALDERANO Hugoは準々決勝でLIN Yun-Ju(台湾・16歳・236位)と対戦し、フルゲームで逆転勝利しました。

張本智和 4 6 12 4 11 11 9 16
CALDERANO Hugo 3 11 10 11 4 9 11 14

準決勝は先にCALDERANO Hugoに第1ゲームを獲られるも、またシーソーゲムに突入しました。張本智和は第4と5ゲームを連取して流れを変え、フルゲームで逆転勝利しました。

決勝、張本智和 VS BOLL Timo!

BOLL Timo(ドイツ・36歳・世界ランク7位)は身長181cm、左利きです。五輪は2008~2016まで男子団体で銀・銅・銅メダルを獲っています。ティモ・ボル。

BOLL Timoは準決勝でLEBESSON Emmanuel(フランス・29歳・20位)と対戦し、4-0のストレートで勝ち上がりました。ここまで3試合でストレート勝ちしていますので、疲労の面で有利です。

張本智和 4 11 4 8 11 11 11
BOLL Timo 2 3 11 11 9 6 9

決勝で張本智和は第1ゲームを獲って先手を獲ったものの、第2ゲームからは相手が丁寧に繋ぎ、連取されて1-2に。

しかしそこから張本智和が粘りを見せて第4ゲームから一気に3連取して勝負を決めました。張本智和が優勝しました!おめでとうございます!

張本智和はインタビューで、年齢は関係ありません。二度目のツアーで今回は勝てました、と言っていました。

ジーニアス張本智和のプロフィール!

2003年6月27日に生まれ、2017年8月現在で14歳になります。身長171cm、体重56.5kg、血液型O型です。出身は宮城県です。

ジーニアス張本智和(日本国籍帰化)の父親・母親・妹!

両親は中国出身の卓球選手でした。父親は現在日本男子ジュニア・ナショナルチーム・強化スタッフを務めています。

母親は世界卓球選手権1995の代表メンバーでした。5歳年下の妹・張本美和(木下グループEA)は全日本2015のバンビの部で優勝しています。

両親は1998年に来日し、2014年春に父親・智和・美和は日本国籍を取得しました。

ジーニアス張本智和の出身小学校・中学校!

2010年に東宮城野小学校に入学し、小学1年生で挑んだ全日本卓球選手権大会バンビの部で優勝。それ以後カブ・カデット・ホープスの部でも6年間連続優勝を達成しました。

2016年に北区立稲付中学校に入学し、JOCエリートアカデミーに在籍することになりました。

同年6月にはアンダー21のジャパンオープン荻村杯で並みいる強豪を倒して史上最年少で優勝しました。

同年12月の世界ジュニア卓球選手権でもシングルスで優勝し、大会史上最年少記録を更新しました。

まとめ

張本智和は弩級の才能の持ち主ですね。しかも人間性も優れていて、レスリングのジーニアス須崎優衣に「絶対に勝つという気持ちが大事」とメンタル指導をしたことがあるほどです。

中2にして完璧超人かっ!

スポンサーリンク
PC用レクタングル大

フォローする

スポンサーリンク
PC用レクタングル大