プロテインドリンクの効果とコスパ最高おすすめランキング!

プロテインはマッチョだけが愛用している時代はもはや終わり、今やスポーツマンや健康維持目的のためにも利用者が拡大しています。

そして一般人でもトレーニングの後にプロテインを摂取することで疲労の回復が早まり筋肉をより成長させることが出来ます。

 

プロテインを摂取すればトレーニングの質が向上するのですから、使わない手はありません。

そんなプロテインをもっと手軽に摂取できるようにしたものがプロテインドリンクになります。

 

プロテインドリンクは運動後にただ飲むだけです。プロテインを水に溶かす作業は必要ありません。

では、プロテインドリンクの効果を解説しましてからおすすめのランキングをご紹介します!

スポンサーリンク

プロテインドリンクの効果と選ぶポイント

プロテインドリンクの効果と選ぶポイント

タンパク質の量が大事

プロテインとタンパク質は全く同じことを表しています。でも日本語的にはプロテインとはタンパク質のサプリメントを指します。

 

なぜタンパク質を摂る必要があるのでしょう。それはタンパク質は筋肉を筆頭に内蔵や髪の毛など、身体の器官を構成する大切な栄養素だからです。

タンパク質が不足すると筋肉が分解されてそれをエネルギーとして消費してしまいます。つまり筋肉が減少して基礎代謝量も下がります。

 

だからタンパク質は大切で必須の栄養素なのです。

ちなみに1日のタンパク質摂取必要量は、運動をしている人は「体重×2g」です。例えば60×2g=120gになります。運動をしていない人は1gで計算します。

ビタミン・ミネラルも大事

何ごともバランスが大事です。タンパク質だけを摂取しても決して効率はよくありません。

ビタミンCは筋肉を支えるコラーゲンを生成し、ビタミンB群は疲労の蓄積を抑制したりタンパク質の分解を補助します。

 

そして不足しがちなミネラル(カルシウム・鉄分)を摂ることで身体づくりに必要な栄養素を補います。

箱買いで安く買う

プロテインドリンクはコンビニにも売っていますが、ネットで箱買いしたほうが価格が安いですし荷物にもなりません。

プロテインドリンクを長く愛用するためにもコストを抑えていきましょう。

 

手軽さで言えばお菓子風味のプロテインバーも箱買いに適しています。

プロテインドリンクを飲むタイミング

プロテインドリンクを飲むタイミング

トレーニングが終わった直後から45分まではゴールデンタイムと呼ばれています。

トレーニング後は体の栄養素をとても消耗しているので、そのタイミングで栄養を摂取すると吸収率がとても高くなります。

 

なので、このゴールデンタイムにプロテインドリンクを飲むのがベストタイミングになります。

スポンサーリンク

コスパ最高おすすめランキング

1位【明治】ザバス ミルク 200g×24本 ミルクプロテイン10g

【明治】ザバス ミルク 200g×24本 ミルクプロテイン10g

参考価格2,600円。
【明治】ザバス ミルク 200g×24本 ミルクプロテイン10gを Amazon / 楽天市場 / Yahooショッピングで探してみると。

 

プロテインの材料は牛乳が基本ですが、このザバスはそのままミルク味です。

ザバスミルクは独自技術によりタンパク質の分解と吸収が速くなっています。

 

1本200mlあたりタンパク質10gはプロテインの粉末と比較してあまり多いわけではありません。

プロテインライト層はタンパク質10gから理想の体を目指していきましょう。

 

エネルギーはミルクが107kcal、ココアが84kcalです。カルシウム315kcalやビタミンB6が0.65mgも含まれています。

未開封なら常温保存が可能です。でも冷やしたほうがおいしいです。ミルク味はそのまま牛乳の味でおいしいです。ココア味は少し甘さが強いです。

 

紙パックなので捨てる時に困りませんし、かさばりません。

ストローに紙パックなので飲む時に上品に見えます。スポーツジムでシェイカーで飲むと豪快な印象を与えますが、紙パックなら清楚さが漂います。

 

2位【バルクスポーツ】ビッグホエイRTD プロテイン 30パック

【バルクスポーツ】ビッグホエイRTD プロテイン 30パック
copyright © Body Plus International All Rights Reserved.

参考価格6千円。
【バルクスポーツ】ビッグホエイRTD プロテイン 30パックを Amazon / 楽天市場 / Yahooショッピングで探してみると。

 

1本300gあたりタンパク質20gです。高品質なホエイプロテインでBCAAも含まれていますので即効性があります。

エネルギー118kcal、炭水化物5gとダイエットにとても向いています。もちろん本命はトレーニング用ですが。

 

味は3種類でストロベリーヨーグルト、はちみつ&りんごヨーグルト、ブルーベリーヨーグルト。

食感はゼリーではなく、飲むヨーグルトのようなトロミがあります。とてもおいしいです。

 

3位【明治】ザバスミルクプロテイン 430ml×12本

【明治】ザバスミルクプロテイン 430ml×12本

参考価格2,300円。
【明治】ザバスミルクプロテイン 430ml×12本を Amazon / 楽天市場 / Yahooショッピングで探してみると。

 

1本430mlあたりタンパク質15gです。粉末と比べて若干タンパク質の含有量が少ないです。でも15gあれば大体問題ありません。

明治独自の速攻吸収製法により、ミルクプロテインの吸収が速くなっています。

 

エネルギー100kcal、炭水化物10gでダイエットにも向いています。

カルシウム350mg、ビタミンB6、クエン酸1000mgとプロテインが効率的に吸収される環境が整っています。

 

ただ唯一の欠点が「賞味期限:12日前後」です。これは1日1本以上飲まないと期限が切れます。ご注意下さい。

味はすっきり飲みやすくておいしです。

 

4位【明治】ザバス プロテインドリンク 200ml×6本

【明治】ザバス プロテインドリンク 200ml×6本

参考価格1,300円。
【明治】ザバス プロテインドリンク 200ml×6本を Amazon / 楽天市場 で探してみると。

 

1本200mlあたりタンパク質10gです。ホエイプロテインなので運動後30分以内の摂取が効率的です。

クエン酸200mg、ビタミンB群配合で運動の疲労回復とタンパク質の分解に効果があります。

 

エネルギー 64kcal、炭水化物 6.0gなのでプロテイン置き換えダイエットの補助としても使えます。

味はグレープフルーツ風味ですっきりしたおいしさです。

 

5位【HALEO】BLUE DRAGON 200ml x 24本セット バニラ

【HALEO】BLUE DRAGON 200ml x 24本セット バニラ

参考価格7,200円。
【HALEO】BLUE DRAGON 200ml x 24本セット バニラを Amazon / 楽天市場 / Yahooショッピングで探してみると。

 

1本の価格が300円と高いですが、その分タンパク質が20gとプロテイン粉末並の含有量になります。

牛乳を原料とするプロテインはホエイの他にカゼインがありますが、この製品には両方のプロテインが配合されています。

 

ホエイは1~2時間で吸収され、カゼインは7時間かけてゆっくり吸収されるタンパク質です。

なので長時間かけて筋肉にタンパク質を供給するプロテインドリンクになります。

 

1本200mlあたりエネルギー127kcal、炭水化物1.8gですのでダイエットにも適しています。

紙パックなので捨てる時に困りません。

味はバニラとストロベリーがあります。どちらもおいしいです。

 

6位【DNS】プロエックス マンゴー風味 350ml×24本

【DNS】プロエックス マンゴー風味 350ml×24本

参考価格9,300円。
【DNS】プロエックス マンゴー風味 350ml×24本を Amazon / 楽天市場 / Yahooショッピングで探してみると。

 

1本の価格が388円と高いですが、その分タンパク質が28.8gとプロテイン粉末より多い含有量になります。

たしかにプロテインの含有量は多いわけですが、粉末が1回100円だとすると、このドリンクの価格は高いですね。

 

いつでもすぐ飲めるという利点とタンパク質の多さを素直に評価出来るプロテインガチ勢にとっては選択肢としてアリかもしれません。

エネルギー175kcal、炭水化物15.3gなのでやはりアスリート向けです。ダイエットではないです。

 

味はアップル風味、マンゴー風味があります。どちらもイマイチな味ですが、高タンパク質を摂るんだと思えば我慢できます。

 

7位【フィットネスショップ】プロテインドリンク40 500ml 24本

【フィットネスショップ】プロテインドリンク40 500ml 24本

参考価格10,300円。
【フィットネスショップ】プロテインドリンク40 500ml 24本を Amazon / 楽天市場 / Yahooショッピングで探してみると。

 

1本の価格が428円と高いですが、その分タンパク質が40gとプロテイン粉末より多い含有量になります。

しかもWPIホエイプロテインという上位品を使っています。牛乳でお腹を壊す人でも大丈夫と言われるWPI製法です。

 

分岐鎖アミノ酸BCAAが多く含まれていることから運動後よりも運動前から飲むスタイルが合っているかもしれません。

例えば運動前に500mlの半分を飲んで、運動後に残りを全部飲めば長い時間プロテインが効きますし、タンパク質40gを持て余すこともないです。

 

ある意味コストパフォーマンスは高いのかもしれませんね。

味はグレープ風味とヨーグルト風味があります。ヨーグルト風味はヤクルトのような味でおいしいです。

 

8位【be LEGEND】プロテインウォーター ブラッドオレンジ風味 24本

【be LEGEND】プロテインウォーター ブラッドオレンジ風味 24本

参考価格7,800円。
【be LEGEND】プロテインウォーター ブラッドオレンジ風味 24本を Amazon / 楽天市場 / Yahooショッピングで探してみると。

 

1本の価格が325円と高いですが、その分タンパク質が21gとプロテイン粉末並の含有量になります。

WPI製法のホエイプロテイン「ラクトクリスタル(R)」を使っていますので各種アミノ酸がたくさん含まれています。

 

ボトルデザインが筋肉兄貴過ぎて恥ずかしいという声もあります。

味は少し酸味のきいたオレンジです。

まとめ

プロテインドリンクはシェイカーを使いませんので悪目立ちしない利点があります。

つまり学校でも職場でも自然に摂取できます。

是非日頃のタンパク質摂取の選択肢として検討してみて下さい。

コメント