錦織圭がシティ・オープン2017で第5試合準決勝速報!

錦織圭がシティ・オープン2017で第3試合突破8強入り速報!
photo by Daniel Vucsko

全米オープンへの前哨戦シティ・オープンに錦織圭が出場しています。錦織圭は過去2015年にシティ・オープンで優勝した経験があります。

 

そして2017年は第2シードとして再びシティ・オープンに参戦です。2回戦と3回戦はどちらも勝利しましたが、どちらも悪天候に見舞われ待機時間を含めると長時間の試合になりました。

では、錦織圭のシティ・オープンでの戦いを見ていきたいと思います!

スポンサーリンク

錦織圭のシティ・オープンの格付け!

2017年のシティ・オープンは7月31日から8月6日まで行われます。男子プロテニス協会での格付けはATP500になります。グランドスラム4大大会とマスターズに次ぐ格です。

シティ・オープンに優勝すればATP500が貰えますが、現在錦織圭はベスト8ですのでATP90を最低でも貰える状況です。

 

錦織圭の2017年は一度も優勝がありませんので是非ここで優勝してほしいですね。

コートはハードコートになります。屋外ですので雨で試合が止まることがあります。

 

 

シティ・オープン2017、2回戦、錦織圭 VS ドナルド・ヤング!

世界ランキング58位のドナルド・ヤング!

対戦成績は錦織圭の5勝1敗です。年齢28歳、身長183cm、体重79kg、国籍アメリカ、左利きです。

錦織圭と同じIMGアカデミー出身です。ATPワールドツアーで優勝はまだ無く、準優勝2回です。

 

かつて2005年(16歳)にはジュニア全豪を最年少で優勝しジュニア世界ランキングで1位でした。

2回戦、錦織圭 VS ドナルド・ヤング!

第一セットを錦織圭が6-3で先取、第二セットは4-6で落とし、第三セットはタイブレークの7-5を制しました。セットカウント2-1で錦織圭の勝利です。

 

 

この一戦で対戦成績は6勝1敗になりました。試合時間は2時間25分でした。

試合前に雨が降ったため開始が4時間半も遅れ、現地時間で午後11時から試合を開始しました。終了したのは午前2時近くでした。

シティ・オープン2017、3回戦、錦織圭 VS フアンマルティン・デルポトロ!

世界ランキング32位のフアンマルティン・デルポトロ!

対戦成績は錦織圭の1勝5敗です。年齢28歳、身長198cm、体重97kg、国籍アルゼンチン、右利きです。

ATPワールドツアーで19勝、全米オープン2009で優勝を1回している強者です。リオオリンピック2016のシングルス銀メダリストでもあります。

 

2017年は全仏オープンで第1シードのマリーに敗れ3回戦で敗退しています。

3回戦、錦織圭 VS フアンマルティン・デルポトロ!

第一セットを錦織圭が6-4で先取、第二セットはタイブレークの末7-5で奪取しました。セットカウント2-0のストレートで錦織圭の勝利です。

錦織圭はインタビューで、ミスが少なくなってサーブも安定していた、と言っていました。

 

 

この一戦で対戦成績は2勝5敗になりました。試合時間は1時間49分でした。

試合の開始は悪天候によりまたもや遅れ、日付が変わってからの開始となりました。これにより次の準々決勝は同日になります。

シティ・オープン2017、準々決勝、錦織圭 VS トミー・ポール!

世界ランキング225位のトミー・ポール!

錦織圭とは初対戦です。年齢20歳、身長188cm、体重79.4kg、国籍アメリカ、右利きです。

トミー・ポールは大会推薦枠からの出場となっています。2週間前のアトランタ・オープン(ATP250)の準々決勝でジレ・ミュラー(21位)に0-2で敗北しています。

 

しかし、シティ・オープン2017の3回戦で再び対戦し、今度は2-1でジレ・ミュラーを下しました。トミー・ポールは新進気鋭の若手で非常に危険な存在です。

準々決勝、錦織圭 VS トミー・ポール!

第一セットを錦織圭が3-6で落とし、第二セットはタイブレークの末7-6で奪取、第三セットは6-4で制して逆転勝ちしました。セットカウント2-1で錦織圭の勝利です。

 

 

この日錦織圭はミスを連発して第一セットを落とす苦しい立ち上がりでした。しかも第二セットも状況が変わらず3-5まで追い込まれる崖っぷちでした。

しかしサービスエースなどで粘ってタイブレークに持っていき、相手のミスを誘って第二セットを奪いました。第三セットは力強いラリーで押し、疲労が見えるトミー・ポールを押し切りました。

 

錦織圭はインタビューで、試合内容が悪かった、相手が勝っても不思議ではなかった、と言っていました。

シティ・オープン2017、準決勝、錦織圭 VS アレクサンダー・ズベレフ!

世界ランキング8位のアレクサンダー・ズベレフ!

錦織圭とは初対戦です。年齢20歳、身長198cm、体重86kg、国籍ドイツ、右利きです。

ATPワールドツアーで4勝し、中でも2017年5月のマスターズ1000(BNLイタリア国際)でノバク・ジョコビッチを破って優勝しています。

 

将来の世界ランキング1位筆頭に挙げらている若手選手です。

ちなみにアレクサンダー・ズベレフは今大会、第5シード、第二回戦を7-6、6-7、3-6。第三回戦を7-5、7-5。準々決勝を6-2、6-4で勝ち進んできました。

準決勝、錦織圭 VS アレクサンダー・ズベレフ!

第一セットを錦織圭が3-6で落とし、第二セットも4-6でストレート負けしました。

錦織圭はアレクサンダー・ズベレフの時速200kmを越すサーブを攻略できず、自身のミスも重なり1時間3分で敗退しました。

 

錦織圭は7日からマスターズ1000のロジャーズ・カップに出場予定です。錦織圭は第5シードです。

まとめ

今年グランドスラムを獲らないとコーチが解任されるという話は本当なのですかね?残す所全米オープンしかないわけで、まずはシティ・オープンを勝って自信を取り戻して欲しいですね!

コメント