テニス・ダニエル太郎が全米オープン2回戦でナダルに敗北!速報!

全米オープンテニス2017でかつてなく日本勢が健闘しています。男子シングルスではエース杉田祐一、ダニエル太郎。

女子シングルスではエース大阪なおみ尾崎里紗日比野菜緒奈良くるみが初戦を突破しました!

これだけの人数を見守るのは結構大変ですね!

では、彼らの全米オープンでの奮闘を見ていきましょう!

スポンサーリンク

日本勢の全米オープンテニス2017!

日本勢の全米オープンテニス2017!
photo by Shinya Suzuki

全米オープンの予選が8月23日から、本戦が8月28日から始まりました。

全米オープンテニス2017予選の高い壁!

男子シングルスの予選は、内山靖崇(25歳・世界ランク187位)が1回戦敗退、守屋宏紀(26歳・世界ランク213位)が1回戦敗退です。

添田豪(32歳・世界ランク130位)は3回戦で敗退、伊藤竜馬(29歳・世界ランク172位)は2回戦で敗退です。

女子シングルスの予選は、加藤未唯(22歳・世界ランク179位)は3回戦で敗退し、試合後に大暴れして世間を騒がせました。その時に電光掲示板を破壊しました。要注意人物です。

穂積絵莉(23歳・世界ランク166位)が1回戦敗退、波形純理(35歳・世界ランク245位)が2回戦敗退です。

マヨ・ヒビ(21歳・世界ランク233位)が1回戦敗退、澤柳璃子(22歳・世界ランク242位)が2回戦敗退です。

というわけで、日本勢のシングルス予選組は全員が敗退しました。

全米オープンテニス2017の本選出場者!

本戦からの出場は男子は2名、女子は6名です。その中で1回戦敗退の江口実沙(25歳・世界ランク316位)はグランドスラム本戦初出場でした。スコアは2-6、2-6でした。

江口実沙は2016年9月に故障し手術しました。よって公傷ランキングが適用され109位として予選に出場、するはずが本戦のビクトリア・アザレンカが突然の欠場。

その枠に江口実沙が入りました。ちなみにビクトリア・アザレンカの欠場理由は、子供の養育権を争うためです。

もう一人の1回戦敗退、土居美咲(26歳・世界ランク94位)はバーボラ・ストリコバ(チェコ・31歳・世界ランク25位)に1-6、3-6で敗れました。

全米オープン2017、1回戦、ダニエル太郎 VS トミー・ポール!

世界ランキング121位のダニエル太郎とは!

年齢24歳、身長191cm、体重76kg、右利きです。父親がアメリカ人・母親が日本人です。所属はエイブル。4大大会の最高は全仏2回戦です。

2017年3月にブエノスアイレス・チャレンジャー(ATP下部)でレオナルド・マイエル(アルゼンチン・30歳・世界ランク59位)を破って優勝しました。

このレオナルド・マイエルは明日、杉田祐一の2回戦の相手です。

世界ランキング159位のトミー・ポール!

ダニエル太郎とは初対戦です。年齢20歳、身長185cm、体重78kg、国籍アメリカ、右利きです。

ITFフューチャーズで4回優勝しています。直近ではシティ・オープン2017(ATP500)で準々決勝に進み、錦織圭に負けています。今大会は主催者推薦での本戦出場です。

1回戦、ダニエル太郎 VS トミー・ポール!

ダニエル太郎 3 6 4 4 6 6
トミー・ポール 2 1 6 6 2 2

1セット目をあっさり獲ってからの1-2で窮地に追い込まれましたが、第4セットからサーブのリズムを上げて逆転勝ちしました。

ダニエル太郎はインタビューで、勝つ自信はなかったが諦めなかった、と言っていました。

全米オープン2017、2回戦、ダニエル太郎 VS ラファエル・ナダル!

世界ランキング1位のラファエル・ナダル!

ダニエル太郎とは初対戦です。年齢31歳、身長185cm、体重85kg、国籍スペイン、左利きです。

レジェンド・ラファエル・ナダルは全仏オープン10回優勝のスーパーテニスプレイヤーです。幸いにして全米オープンはたったの2回しか優勝していないので、ワンチャン・・・。

とはいえ、ラファエル・ナダルも格下に負けることはあります。先日のロジャーズカップでも当時世界ランク143位のデニス・シャポバロフ(カナダ・18歳)に敗れています。

2回戦、ダニエル太郎 VS ラファエル・ナダル!

日本時間9月1日の朝9時半に開始です。

ダニエル太郎 1 6 3 2 2
ラファエル・ナダル 3 4 6 6 6

ダニエル太郎が第1セットの9ゲーム目をブレークし先取しました。これはまさか・・・と思われましたが、第2セットからはラファエル・ナダルが地力の差を見せて3連取しました。

ダニエル太郎はインタビューで、相手のリターンのタイミングが早すぎて苦しかった、と言っていました。この経験を次に・・・!

まとめ

ダニエル太郎には世界一位のラファエル・ナダルに胸を借りるつもりで全力プレイを期待します!杉田祐一のようにこの試合から何か変わるきっかけが得られたらいいですね。

スポンサーリンク

フォローする